三式指揮連絡機 : definition of 三式指揮連絡機 and synonyms of 三式指揮連絡機 (Japanese)

連絡 指揮 三 機 式 連絡 指揮 三 機 式

ただし 軽空母搭載時は、一緒に艦攻艦爆のどちらかを積まないと攻撃しないので注意。 1940年8月開始與預訂進行國產的聯絡觀測機進行開發競爭,1941年完成的試作機與隔年6月到達的Fi 156進行比較審查的結果,因其性能較佳而予以採用。

9

三式指揮連絡機

連絡 指揮 三 機 式 連絡 指揮 三 機 式

Liaison(リエゾン)とは連絡、連携などを意味するから来ており、軍事用語では「連絡将校 Liaison Officer」などがある。 聞き取り時に写真やイラストを見てもらいましたが分からないということでした。 開発[] 隊の空揮、方の連絡、の弾着、の緊急、偵察をとする、滑走路の整備されていない不整地でもな短離着陸(いわゆるSTOL)性能を備えた多機として開発・された。

19

航空機講座

連絡 指揮 三 機 式 連絡 指揮 三 機 式

・は三連、ナナロクなど。 伝書バトのように部隊間を連絡する役目の飛行機は軽量化のためにそのような構造だったのでしょう。

13

日本の名機(三式指揮連絡機)

連絡 指揮 三 機 式 連絡 指揮 三 機 式

そもそもの話として。 本機開発に際し適当なが無かったことから、 310 をパワーダウンし280Hpとして使用していた。

1

三式指揮連絡機 : definition of 三式指揮連絡機 and synonyms of 三式指揮連絡機 (Japanese)

連絡 指揮 三 機 式 連絡 指揮 三 機 式

この背景から陸軍は自前で輸送船団の護衛手段を講じる必要ができ、上陸舟艇母艦として運用していた「あきつ丸」という揚陸艦を改修し、新たに飛行甲板を設置して護衛空母としました。 工場で働いていた母は、この連絡機の呼称、キ-76を覚えていましたが、事務畑だったため実際の機体を見たことはなかったようです。 三式指揮連絡機(さんしきしきれんらくき、 三式連絡機)は、時のの()。

三式指揮連絡機 を 英語

連絡 指揮 三 機 式 連絡 指揮 三 機 式

(試作名称)は キ76。 安藤亞音人『帝国陸海軍軍用機ガイド1910-1945』(新紀元社、1994年) 三式指揮連絡機 キ-76 p214~p215• 存外何とかなりそうな数値にも見えるが、重要なのは本機が 布張り木製だったりボディがスカスカの複葉機ではなく 全金属製の単葉機であるということ。