坂本冬美「祝い酒」の楽曲(シングル)・歌詞ページ|1000017518|レコチョク

冬美 祝い酒 坂本 冬美 祝い酒 坂本

それでも 「枝は栄える 葉もしげる」ということばは、 年数を重ねるうちに経験と知識が増し加わり、幸せになっていくことを伝えているようです。 時折、自分のあまり知らないアーティストの素性を検索して身近に感じるのもよいと思います。 ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。

17

坂本冬美『祝い酒』歌詞の意味を考察・解釈

冬美 祝い酒 坂本 冬美 祝い酒 坂本

この日、会場内のすべての人の口には酒の味と香りが、そして心には幸せが広がっていました。 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 目を覚ませばそこは土の中 星のない夜がさみしくて 雨潸潸とこの身に落ちて 抱きしめるといつも君は ビルが見える教室で 愛したひとはあなただけ 私酔ったみたいひとりじゃ 花は愛され花になる この世に神様が本当にいるなら 遥か昔瞬いてた小さな星が アカシアの雨に打たれて 空にしてって酒も肴も 茜にそまる西の空に家路を 昨日今日そして明日へと 追い風吹けば波に乗れ 煙草の空箱鶴に折り 大糸線に揺られて着いた 今までつきあって来た女のひと 泣きながらちぎった写真を どうせ死ぬときゃ裸じゃないか どうせ死ぬときゃ裸じゃないか 舗道にのびたあなたの影を 雨がやんだらお別れなのね 心が忘れたあのひとも 人もまばらな裏通り 男なんていくらでもいる 女にゃ見えない夢追いかけて 安奈おまえの愛の灯は 海猫が鳴くからニシンが来ると いつか君と行った映画がまた 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し Ahhはじめて会った時から 妹よふすま一枚隔てて今 浮世荒波ヨイショと越える おとぎ噺じゃ日も夜も明けぬ まるで異国へ旅立つような 恋破れ夢破れ今宵もまた 女心の悲しさなんて 娘盛りを無駄にするなと よせと言われりゃなおさら燃える ひとりで生きてくなんて 踊り疲れたディスコの帰り まるで私を責めるよに あの人もこの人もそぞろ歩く よくかえったねごはんできてる 何があろうと嫁いだ先の 女がひとりお酒を飲むときの 躰は大丈夫かい元気で暮らせ 負けて拗ねるなよ世間 天を睨んで牙むく龍に 天にもらった財宝の山を 縦に割ろうと斜めに斬ろと 意地を通せば情けが枯れる どんなに時代が変ろうと白は白 日本の男は身を粉にして 一度担いだ苦労の荷物 淀の水さえ流れては 暖簾くぐれば振りむきざまに おやじさんはパタパタと あんたそこまで惚れて 無理して飲んじゃいけないと 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し こんな日はあの人のまねをして お気に入りの唄一人聴いてみる 惚れた男のためなら死ねる 花の舞台の幕が開く 俺にさしだす傘のしずくが 殿の無念を晴らしもせずに 女ですもの恋をする 風が鳴く雲が啼く霧に隠れて 朝が来て目が覚めて今日を あなたが船を選んだのは きっと帰ってくるんだと 海峡に降る雪をひとり見つめて 白いコートの襟をたて 赤いセロファンとかしたような 青嵐に吹かれて胸をはる あの人のことなど 顔が好みとかそんなんじゃ いつものように幕が開き 一度つまずきゃ人生勝負 彼を待ってる窓辺に 胸にしみる空のかがやき 脱がされた靴のころがる行方を やっと店が終わって プティットフルール可愛い花 貴方はもう忘れたかしら 昭和二十五年一月の半ば つぎの北国行きが来たら 北へ行く船に乗る港桟橋は 吹雪がやんで雲間が切れて あなた変わりはないですか. 歌詞全体が親視点で綴られている点から 「笑顔うれしい」は 結婚する2人の笑顔を見て喜んでいる親の気持ちを表現しているのでしょう。

1

祝い酒 歌詞「坂本冬美」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

冬美 祝い酒 坂本 冬美 祝い酒 坂本

出身地や部活動などを知るだけで不思議と身近に感じるものですね。

2

坂本冬美 祝い酒 LYRICS

冬美 祝い酒 坂本 冬美 祝い酒 坂本

二つの若い背中、見守って 五臓六腑に 樽酒しみる 酔うてめでたい 唄のはなむけさ 七つ転んで 八つで起きろ 明日は苦労の ふたり坂 縁がうれしい 祝い酒 ここでは披露宴における盛り上がりと、現実を見据えた親の気持ちが綴られています。 今でも美白と整った顔立ちがとても印象的ですよね。

19

坂本冬美 男哭酒 歌詞&動画視聴

冬美 祝い酒 坂本 冬美 祝い酒 坂本

「五臓六腑」とは 「伝統中国医学において人間の内臓全体」を言い表すときに用いられたことばです。 「親が咲かせた 命の花が」二つ並んだ 鶴と亀で表現されているからです。

11

坂本冬美の歌詞一覧リスト

冬美 祝い酒 坂本 冬美 祝い酒 坂本

「何度失敗しても起き上がる」「人生には浮き沈みがあること」を意味します。 また、坂本は、昭和・平成・令和の各年代で出場する歌手(他、石川さゆり、松田聖子、五木ひろし、郷ひろみ)の1人である。

5

坂本冬美『祝い酒』歌詞の意味を考察・解釈

冬美 祝い酒 坂本 冬美 祝い酒 坂本

ステージリハーサル後、マスコミ取材に走って登場した坂本は、今回歌唱する曲について「昭和63年に初出場させていただいた時の曲でございます。

19

坂本冬美 男哭酒 歌詞&動画視聴

冬美 祝い酒 坂本 冬美 祝い酒 坂本

同曲は「あばれ太鼓」「あばれ太鼓〜無法一代入り〜」に続く3枚目のシングルとなり坂本冬美さんを知る上でも欠かせない一曲となっています。 互いをすべて知り尽くしていたはずの2人の意外な言動・行動が気になりぶつかり合うこともあります。 いつもの余談ですが、筆者はスコッチに次いで日本酒が好きです。

7

坂本冬美 祝い酒 LYRICS

冬美 祝い酒 坂本 冬美 祝い酒 坂本

そして「結婚式」に続いて「披露宴」というおめでたい席では、それにふさわしい「祝い酒」が注がれます。 結婚式の翌日から夢から覚めたように現実に直面することを知っているのです。 浮世荒波 うきよあらなみ ヨイショと 越 こえる 今日 きょうは おまえの 晴 はれの 門出 かどでだよ 親 おやが 咲 さかせた 命 いのちの 花 はなが 二 ふたつ 並 ならんだ 鶴 つると 亀 かめ 笑顔 えがおうれしい 祝 いわい 酒 ざけ 五臓六腑 ごぞうろっぷに 樽酒 たるざけしみる 酔 ようてめでたい 唄 うたのはなむけさ 七 ななつ 転 ころんで 八 やっつで 起 おきろ 明日 あすは 苦労 くろうのふたり 坂 ざか 縁 えんがうれしい 祝 いわい 酒 ざけ 花 はなも 嵐 あらしも 人生航路 じんせいこうろ 愛 あいが 舵 かじとる 若 わかい 二人 ふたりだよ 吹 ふけばとぶよな 小 ちいさな 木 きでも 枝 えだは 栄 さかえる 葉 はもしげる 門出 かどでうれしい 祝 いわい 酒 ざけ 浮世荒波 ukiyoaranami ヨイショ yoisyo と to 越 ko える eru 今日 kyou は ha おまえの omaeno 晴 ha れの reno 門出 kadode だよ dayo 親 oya が ga 咲 sa かせた kaseta 命 inochi の no 花 hana が ga 二 futa つ tsu 並 nara んだ nda 鶴 tsuru と to 亀 kame 笑顔 egao うれしい ureshii 祝 iwa い i 酒 zake 五臓六腑 gozouroppu に ni 樽酒 taruzake しみる shimiru 酔 yo うてめでたい utemedetai 唄 uta のはなむけさ nohanamukesa 七 nana つ tsu 転 koro んで nde 八 yaxtu つで tsude 起 o きろ kiro 明日 asu は ha 苦労 kurou のふたり nofutari 坂 zaka 縁 en がうれしい gaureshii 祝 iwa い i 酒 zake 花 hana も mo 嵐 arashi も mo 人生航路 jinseikouro 愛 ai が ga 舵 kaji とる toru 若 waka い i 二人 futari だよ dayo 吹 fu けばとぶよな kebatobuyona 小 chii さな sana 木 ki でも demo 枝 eda は ha 栄 saka える eru 葉 ha もしげる moshigeru 門出 kadode うれしい ureshii 祝 iwa い i 酒 zake. 併せて今作は 結婚する2人に臨む楽しく辛い部分にも言及しており、そうした事柄を経験する2人の背中をそっと見守る親心が綴られています。

5