赤い公園

公園 park 赤い the 公園 park 赤い the

どちらの曲にも別れや旅立ちのようなモチーフがあらわれているのは、ガールズバンドの青春を描いたドラマに寄り添ったものでもあるのだろう。 。

2

赤い公園『THE PARK』は津野米咲のソングライティングの才感じさせる作品

公園 park 赤い the 公園 park 赤い the

名義を変えないということは、過去を捨てないということだ。 また、このツアーでは、新体制初の新曲として発表された「消えない」のほかにも、多くの未発表曲(後にリリースされる『消えない — EP』収録「凛々爛々」「HEISEI」など)でセットリストが構成されていた。

8

赤い公園/THE PARK<初回生産限定盤>

公園 park 赤い the 公園 park 赤い the

「変わったのかな……ずっと渦中にいるからあんまり自分では自覚がないんですけど」 じゃあ今バンドに対して思ってることは? 「もちろんバンドは辞めたくないし、それこそ赤い公園が〈2010年に始まって2000何年に解散した〉みたいな未来の歴史を想像するのがすごく嫌で」 それと似たようなことは前にも言ってました。 ここまで曲単位でご紹介してきたんですが、最後だけアルバムです。 」の詞曲を始め、YUKIやモーニング娘。

14

赤い公園 「THE PARK」メイキング

公園 park 赤い the 公園 park 赤い the

そして、「chiffon girl feat. つまりこのアルバム自体が、これまで様々な表情を見せてきたバンドが生まれ変わって〈誰しもが共感できるポップス〉で突き進む、ということの宣言なのかもしれない。

16

赤い公園『THE PARK』は津野米咲のソングライティングの才感じさせる作品

公園 park 赤い the 公園 park 赤い the

」を聞きながら泣いてたなぁ…偶然だけど、志村さんも29歳だったっけ…。

11

赤い公園、新体制初フル・アルバム『THE

公園 park 赤い the 公園 park 赤い the

そこに、"こんな所で消えない/消さない"とバンドの決意や覚悟を表したかのような歌詞を、まだ10代で元アイドルの石野が歌い上げる様はただただ気持ちがいい。 インタビューにある通りバンドは今とても良好な状態で、彼女は今のメンバーとの関係を「家族っぽい」とまで語っていた。

4

【Archive/Interview】赤い公園/音楽と人2020年3月号

公園 park 赤い the 公園 park 赤い the

「自分の無邪気さが人を傷つけてしまう」という孤独を感じても進んでいく、怯えながらも自分を鼓舞する主人公の歌だった。 随分昔だけど、フェスで赤い公園を観に行ったときに「ふやける」という曲を最後に演奏していたのを思い出した…(イメージ全然違うかったらごめん) ゆったりゆらゆら、たゆたうような…だんだん壮大になっていく感じも。 歌川:でもこういう作り方は初めてでした。

8

赤い公園/THE PARK 良きアルバムだったので聞いてみてよ

公園 park 赤い the 公園 park 赤い the

最後に。 シングルに収録される「pray」と「衛星」のほかにも、ライブではすでにお馴染みの「Beautiful」や「未来」、「石」、「おそろい」、「輝き」と正式音源化されていない津野さんが残していった楽曲が多く存在しているのだ。