スッペ「軽騎兵」序曲 解説と視聴

騎兵 序曲 軽 騎兵 序曲 軽

これらはヨハン・シュトラウス2世などに比べ起伏を大きくとって豪快にオーケストラを鳴らす傾向があり、いわゆる「爆演」や「爆速」を楽しむのに適した曲が多い。

1

スッペ「軽騎兵」序曲 解説と視聴

騎兵 序曲 軽 騎兵 序曲 軽

良いスッペの序曲集があれば、もともと親しみやすい曲ばかりなので、また昔のような人気が出ると思うのですけど。 レクイエム 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

軽騎兵序曲(スッペ) | おすすめ!名盤レビュー

騎兵 序曲 軽 騎兵 序曲 軽

歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲 マスカーニ 11. 解説 フランツ・フォン・スッペ作曲の 軽騎兵序曲について解説します。 聴いてみると、 溌剌とした素晴らしい演奏です。 トランペットとホルンによるファンファーレのあと、騎兵隊による勇猛で華やかな行進、やがて中間部で戦死した将兵たちのへの鎮魂の調べが重々しいチェロの合奏がかなでられ、最後はふたたび砂塵をまきあげての進軍で終わる 『軽騎兵』や『詩人と農夫』の序曲は、映画やアニメーション、コマーシャルなどの音楽に転用され、ポップスのコンサートで演奏されている。

12

フランツ・フォン・スッペ

騎兵 序曲 軽 騎兵 序曲 軽

このことからスッペは「 ()の父」と呼ばれることもある。 1864年6月初演• (今でも小学生諸君は聴いているのでしょうか??) 出だしのトランペットの響きがひたすら格好よく、 そしてまた、遠くからどんどん近づいてくる馬の疾走が、 とてもリズムよく、体が動きそうになっていたことを思い出します。 現在ではオペレッタ自体は殆ど上演されませんが、この序曲は単独曲としてよく演奏されます。

6

軽騎兵序曲(スッペ) | おすすめ!名盤レビュー

騎兵 序曲 軽 騎兵 序曲 軽

シャープで迫力がありますが、あくまで軽快でウィンナ・オペレッタの演奏です。 作曲家の神津善行さんが文化庁の依頼で「ボッカチオ」の上演を試みようとしたところ、どんなに探しても台本が見つからなかったそうで、よくよく調べると、作曲当時は時事ネタ、社会風刺を織り込んだ即興に近い使い捨て作品扱いだったようです。 1846年にはアン・デア・ウィーン劇場に迎えられて『詩人と農夫』を発表。

6

軽騎兵序曲(スッペ) | おすすめ!名盤レビュー

騎兵 序曲 軽 騎兵 序曲 軽

この 喜歌劇「軽騎兵」のほか、 「詩人と農夫」、「美しきガラテア」などが有名ですね。

9

TV

騎兵 序曲 軽 騎兵 序曲 軽

一時、若手指揮者だった時に注目されましたが、オペラの指揮者として経歴を積んできました。 そんな感じで「今でも一番はスウィトナー!」と思っています。

15