胸腔穿刺・腹腔穿刺の看護、観察、ポイント

看護 腹水 穿刺 看護 腹水 穿刺

消毒する• もしガンが体の表面に転移し、がん細胞の崩壊したイメージをしてください。 腹水ろ過濃縮再静注療法(CART:Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy) 食事療法 水分・塩分制限 食事療法などでは自己管理が非常に重要となり、すぐに効果がでるものではなく、日々の心がけから少しずつ取り組む療法となります。

7

胸腔穿刺・ドレナージの目的と看護のポイント

看護 腹水 穿刺 看護 腹水 穿刺

Iさんは腹水が貯留しており、歩くことも座ることも苦しく、病院のベッドに寝たきりの状態でした。

16

腹水に関するQ&A

看護 腹水 穿刺 看護 腹水 穿刺

胃癌や膵臓癌は炎症性が高く、卵巣癌や子宮癌は腹膜転移しやすいので腹水が作られやすいのです。

3

腹水穿刺の看護|腹水穿刺の介助方法とリスクとその看護計画

看護 腹水 穿刺 看護 腹水 穿刺

c・dは、超音波で部位を確認してから穿刺することが多い。 滅菌被覆材• 腹水とは 腹水とは、腹腔内に水が異常に貯留した状態です。 医師が穿刺部を局所麻酔する。

3

胸腔穿刺・腹腔穿刺の看護、観察、ポイント

看護 腹水 穿刺 看護 腹水 穿刺

局所麻酔用の5~10ml注射器と、23または25G針• 腹水濾過濃縮再静注法 CART 穿刺した腹水から菌や細胞を取り除き、タンパク質を濃縮し再利用する方法です。 検査:腹腔内貯留液の有無を確認する 必要物品・準備 必要物品• 滅菌手袋 「腹腔穿刺」の実施 (1)穿刺部位の周囲を広く開ける (2)処置用シーツを敷いておく (3)水平仰臥位になってもらい、穿刺部位の選定後、皮膚の消毒の介助を行う (4)局所麻酔の介助を行う (5)医師が注射器で薬液を吸いやすいよう介助する (6)腹腔穿刺の介助を行う。 一週間、一週間を大切に生きる病状になっていると心づもりをしてください。

6

腹腔穿刺【いまさら聞けない看護技術】

看護 腹水 穿刺 看護 腹水 穿刺

超音波診断装置 準備• もし、腸管損傷した場合、腸内容物が腹腔内に漏れだし、腹膜炎を引き起こす恐れがあるため、穿刺後の腹痛や発熱には注意する。 除水中はルート・排液カップがつながり、行動が制限される事を事前に説明しておく• おわりに. 穿刺針を長期留置する場合には、自己抜去を防ぐため、穿刺部と皮膚を縫合糸で固定する。

16