『BLEACH』第657話「GOD OF THUNDER 2」の感想・考察

四郎 夕 四郎 夕

(……何なんじゃここは?見た事もない物が多過ぎる。 だが、気が弱く甘えたな夕四郎は、吉野の目から見ても武術には向いていないように見えた。 」 「夕四郎、頑張ってるだろ」 夕四郎の名前が出た瞬間、吉野の動きがピタリと止まり、目が宙を泳いだ。

17

ADEAC(アデアック):デジタルアーカイブシステム

四郎 夕 四郎 夕

「吉野ちゃんは、そのままの君で、僕の側にいて」 吉野は喉がつっかえて、上手く言葉が出なかった。 貴族の子女は名前があったりしますから、そういうノリで付けられた名が夜一にもあるのかもしれないなと思いました。

14

BLEACH 〜Higher Than That Moon〜

四郎 夕 四郎 夕

研究のために。

15

BLEACH 〜Higher Than That Moon〜

四郎 夕 四郎 夕

だが先生はゆったりとした雰囲気を崩すことは無く、ハハハッと笑った。

18

短編

四郎 夕 四郎 夕

やってみろ」 「…………《カチャカチャ、カチャン》……はい」 「嘘じゃぁ!!!!」 「……慣れたら…できる。

3

ADEAC(アデアック):デジタルアーカイブシステム

四郎 夕 四郎 夕

息が上がる吉野とは違い、至って平然とした様子だ。