診療情報提供料(Ⅰ)の地域連携診療計画加算、検査・画像情報提供加算、電子的診療情報評価料の施設基準|e

診療 地域 計画 加算 連携 診療 地域 計画 加算 連携

25 総合的な機能評価に係る測定は、医師又は歯科医師以外の医療職種が行うことも可能 であるが、当該測定結果に基づく評価は、研修を修了した医師若しくは歯科医師、総合 的な機能評価の経験を1年以上有する医師若しくは歯科医師又は当該患者に対する診療 を担う医師若しくは歯科医師が行わなければならない。 )について、退院時又は 転院時に当該他の保険医療機関に当該患者に係る診療情報を文書により提供し た場合 5 医療提供体制の確保の状況に鑑み別に厚生労働大臣が定める地域に所在する保 険医療機関であって、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものと して地方厚生局長等に届け出たものについては、注2に規定する届出の有無にか かわらず、注2に規定する加算の点数に代えて、入退院支援加算(特定地域)と して、それぞれ95点又は318点を所定点数に加算することができる。

16

診療情報提供料1と地域連携診療計画加算について

診療 地域 計画 加算 連携 診療 地域 計画 加算 連携

以下、第26の5において同じ。 3 届出に関する事項 (1) 地域連携診療計画加算の施設基準に係る届出は別添2のにより届け出ること。

19

退院調整で加算がつく?教えて!診療報酬のこと

診療 地域 計画 加算 連携 診療 地域 計画 加算 連携

ハ地域医療への貢献に係る十分な実績を有していること。

19

入退院支援加算の施設基準等|e

診療 地域 計画 加算 連携 診療 地域 計画 加算 連携

<参考資料> 〇厚労省:令和2年度診療報酬改定の概要「外来医療・かかりつけ機能」 〇厚労省:令和2年度診療報酬改定の概要(全体版) 医業経営支援課. この場合の常勤薬剤師数は、前年 12 月1日から当年2月末日までの勤務状況に基づき算出する。 )の数が20以上であること。 また、地域連携診療計画は、患者の状態等により、異なる連携が行われることが想定 されることから、あらかじめ複数の地域連携診療計画を作成しておき、患者の状態等に 応じて最も適切な地域連携診療計画を選択することは差し支えない。

8

【令和2年度診療報酬改定】地域連携~診療情報提供書について~

診療 地域 計画 加算 連携 診療 地域 計画 加算 連携

ただし、許可病床数が200床未満の保険医療機関にあっては、入退院支援に関する十分な経験を有する専任の看護師が1名以上配置されていること。

5

地域連携診療計画退院時指導料

診療 地域 計画 加算 連携 診療 地域 計画 加算 連携

24時間緊急電話連絡対応 4 当該保険薬局は、原則として初回の処方箋受付時に(記載事項に変更があった場合はその都度)、当該担当者及び当該担当者と直接連絡がとれる連絡先電話番号等、緊急時の注意事項(近隣の保険薬局との連携により 24 時間調剤ができる体制を整備している保険薬局は、連携薬局の所在地、名称、連絡先電話番号等を含む。 当該専任の看護師が、入退院支援加算1又は2を届け出ている場合にあっては1の(2)で、入退院支援加算3を届け出ている場合にあっては3の(2)で求める 専従又は専任の看護師を兼ねることは差し支えない。 12 退院先については、診療録等に記載し、又は退院先を記載した文書を診療録等に添付 すること。

15

診療情報提供料(Ⅰ)の算定要件と注加算 算定漏れ・過剰請求を防ぐための理解―診療報酬請求最前線

診療 地域 計画 加算 連携 診療 地域 計画 加算 連携

改定された箇所があれば、なぜ改定されたのか?どういう意図で改定されたのか?と考えてみるのもよいかもしれません。 更に、専従の看護師が配置されている場合には入退院支援及び地域連携業務に関する経験を有する専任の社会福祉士が、専従の社会福祉士が配置されている場合には入退院支援及び地域連携業務に関する経験を有する専任の看護師が配置されていること。

診療情報提供料(Ⅰ)の地域連携診療計画加算、検査・画像情報提供加算、電子的診療情報評価料の施設基準|e

診療 地域 計画 加算 連携 診療 地域 計画 加算 連携

相違点としては、注16には「入院中の患者以外の患者について30点」という規定もあり、例えば外来時の紹介を想定した情報共有については特別な制限が特にありません。

4

[通知]第26の5 入退院支援加算

診療 地域 計画 加算 連携 診療 地域 計画 加算 連携

薬歴や薬学的管理に関すること (6) 当該保険薬局の保険薬剤師は、保険調剤に係る医薬品以外の医薬品に関するものを含め、患者ごとに薬剤服用歴の記録を作成し、調剤に際して必要な薬学的管理を行い、調剤の都度必要事項を記入するとともに、当該記録に基づき、調剤の都度当該薬剤の服用及び保管取扱いの注意に関し必要な指導を行っていること。

17