四 教育制度の拡充:文部科学省

新 教育 大正 新 教育 大正

大正新教育運動は、子どもの主体性などの思想を教育実践に組み込もうとしたものであった。 大正初期から昭和初期にかけて、新しい教育の理想を掲げて新教育の学校の新設が相次いだ。

20

文献資料集成 大正新教育 第1期 八大教育主張と公立学校の新教育

新 教育 大正 新 教育 大正

初めは小学校令の一部にこれを加えていたが、大正十二年八月に「盲学校及聾唖学校令」を制定し、その細則も規程として公布し、この分野の特殊教育がようやく独立の学校として学校体系り中にはいることとなった。

大正自由主義教育と綴り方教育とは、どのようなものであったのでしょうか: 教育問題の解決方法を考える

新 教育 大正 新 教育 大正

第11章「大正新教育の実践に与えたドクロリー教育法の影響」(遠座・橋本)では、東京女校師附小と明石附小の訓導らの実践解釈や実践的営為の分析を通じて、ドクロリー教育法が両校の訓導たちに与えた思想的影響を明らかにした。 立川 正世 著 「教育改造」構想など言説に焦点 「『教育実際家』たちの『大正新教育』」と副題の付く本書。

1

四 教育制度の拡充:文部科学省

新 教育 大正 新 教育 大正

こうした視角の前提となっているのは、「知」が静的なものであるのに対して、「情報」は伝達・受容の過程で変容するものだという認識であろう。 「綴方生活」や「北方教育」などの雑誌は教師たちの交流の場となった。

6

新教育とは

新 教育 大正 新 教育 大正

この対策のために昭和三年十月、専門学務局内に学生課を設けたが、翌年これを拡大して学生部とした。 このような情勢であったので義務教育年限延長によってこれに応えるための方策として高等小学校を義務制にする改善問題が臨時教育会議の審議事項となった。

10

教育改革の歴史~大正自由主義教育と綴方教育

新 教育 大正 新 教育 大正

これは、中等学校卒業者を多く入学させることによって師範教育を拡充・向上させ、将来専門学校とする道を開く方策となったのである。 教育思想を「情報」と捉えてその変容に着目し、多くの媒体をくぐる過程で再解釈をくり返されながら受容されていく過程を明らかにした点、そして、そうした受容過程における媒介行為の重層性、共同性を明らかにしたという点もまた本書の成果として評価できる。

14

大正新教育運動とは

新 教育 大正 新 教育 大正

生活綴方の運動は末から30年代に各地で展開されたが、特に東北地方で盛んに行われた。

4